前へ
次へ

不動産売却してもいい不動産会社の見分け方

まず、不動産売却を行う不動産会社のサイトや広告をチェックしましょう。他の物件で、相場と比べて売却額があまりにも安いと疑ったほうがいいでしょう。きちんとした物件ではなくおとりである可能性があります。既に売却済みでも取引可能に見せかけた物件をおとり物件といいます。掲載することで来店につなげる思惑があるため、この手段は昔からよく使われています。現在もおとり物件で集客をしている会社は存在します。これで集客をする不動産会社は自社の利益を優先しています。不動産売却したくてもこちら側が損をするような契約を持ちかけるかもしれません。良い対応をされる可能性は低いので、条件が良すぎる物件が長く掲載されていれば要注意です。不動産会社の仲介で不動産売却が成立したら、仲介手数料を支払います。仲介手数料はなるべく安いほうがいいです。安すぎる手数料を提示する会社もありますが悪質とは限りません。仲介手数料の金額だけで不動産売却を判断するポイントではありません。手数料は上限があるので、上限にならなければ不動産会社が独自に設定できます。あまり手数料が安いと不安かもしれませんが、イコール売買活動の手を抜くとは必ずしも言えません。不動産売却時の手数料が上限であっても、質が低い会社もあるのです。不動産売却時は金額だけでなく、不動産会社の対応を見て決めましょう。

Page Top